楽天カード審査落ちしないために!審査通過しやすい方法を提案。ブラックでも?

楽天カードは審査がゆるいってホント?

楽天カード 審査通過

 

楽天カードは他のクレジットカードに比べて、審査が緩めで発行されやすいカードと言われています。

 

テレビCMでも「学生も、主婦も、免許証、印鑑もいりません!」なんて楽天カードマンが叫んでいるのを見て、

 

お、なんか楽天カードって入会審査も簡単そう!

 

って思っている方も多いかもしれませんね。

 

 

確かに楽天カードはしょっちゅう入会キャンペーンを開催しているなど、キャンペーンをあまりしない他のクレジットカードよりも新規顧客獲得を積極的にすすめています。

 

 

こうした魅力的なデザインカードをラインップすることを考えても、楽天カードは新規顧客獲得に積極的で、比較的入会し易いカードと言えそうです。

 

しかしブラックの方でも、誰でも彼でも審査に通るわけではありません。

 

カード審査に通過するためには、申し込みをする際に気をつけるべきポイントがあるんです。

 

→ 楽天カードについて詳細を見る

 

 

楽天カード申し込み項目はこうして入力する

 

楽天カードの入会申し込みはwebから必要事項を入力することが必要です。

 

入力項目は全て、正確に事実を正直に入力して下さい。

 

こうすることがカード審査に通過するための基本になります。

 

特に注意すべき項目を解説していきますね。

 

以下のようなことに注意することで、審査落ちしなくなると同時に
楽天カードの発行時間が最短になるんです。

 

ぜひとも参考していただいて、楽天カード最短発行を目指してみてくださいね。

 

○誕生日は正確に

 

年齢確認のためにも誕生日は重要です。正確に年も間違えないように入力します。

 

 

○固定電話番号をなるべく入力する

 

携帯電話だけではなく自宅の電話番号も登録するようにしましょう。

 

所在確認のためにも権利の発生する固定電話は昔から信頼度があります。

 

自宅固定回線があるなら、こちらも必ず登録するようにした方が、審査落ちするリスクを避けられます。

 

 

○住居の種類は実家の住居のほうが有利

 

独身で賃貸アパートに一人暮らしをされている方は、実家の戸建てに住んでる方と比べると審査的に不利です。

 

少しでも有利に審査を受けたい方は、実家住所で申し込む方が良いかもしれません。

 

居住年数は短いよりも長いほうが有利です。でも嘘を書いてはいけません。

 

 

○他社借り入れに住宅ローンは入りません

 

住宅ローンは他社借り入れにはカウントされません。
それ以外の借り入れがない場合は借入状況「なし」としてOKです。

 

消費者金融(サラ金)などに借り入れがある場合、個人信用情報に照会すれば一発で発覚します。
ここは必ず正直に入力しましょう。

 

○入会目的は「普段のお買い物」に

 

現実に今すぐキャッシングしたい方以外は、「普段のお買い物」を選ぶだけでいいです。

 

 

○キャッシング枠は0円に

 

楽天カードのキャッシング限度額を希望できるんですが、カード審査に落ちるリスクをなるべく減らすには「0円」として下さい。
「お金に困ってるんだ〜」というアピールにも鳴りかねないので、キャッシング希望額は入力しないこと。

 

特に楽天カードでは専業主婦はキャッシング利用出来ません。
なので専業主婦の方は、必ずキャッシング枠を0円にしてくださいね。

 

 

楽天カードに審査落ちしたくないならこうする

 

楽天カード審査落ちを防ぐために考えられるだけの対策をご紹介しますね。

 

ブラックがついてしまった方も、諦めずにもう一度検討してみてくださいね。

 

 

○他のクレジットカード申し込みから6ヶ月は間をお

 

楽天カードに限らず、クレジットカード発行会社は審査に当って、申込者のクレジットヒストリー(クレヒス)を必ず見ています。

 

CICといった信用情報期間に保存されたその方の信用情報照会履歴やカード利用返済履歴を照会することによって、カード申込者にクレジットカードを発行してもちゃんとお金を返してくれる人なのかどうなのかを判断材料の一つにするんです。

 

クレカを申し込んで審査落ちした履歴のある人や、大量のクレジットカードを申し込んだ経験のある人(いわゆる多重申し込み履歴者)には、なるべくリスクを避けるためにもカードを発行したくないですよね。

 

こうした履歴が残っている方は、楽天カードは発行されにくくなります。

 

それならこうしたブラックな履歴のある方は、二度とクレジットカードを持てないのかというと、そうでもありません。

 

実はこうしたクレジットカード申し込み履歴は半年(6ヶ月間)で信用情報機関のデータベースから抹消されます。

 

ですから、最近他のカードを申込んだ方は、その申し込みから6ヶ月以上経ってから楽天カードに申し込めば、その点の審査でいうと一段階通りやすくなるというわけです。

 

 

○キャッシング枠を0円にする

 

楽天カードをweb申し込みする際の入力項目に希望するキャッシング枠を設定できるところがあります。

 

これは通常の買い物でカードを使う「ショッピング枠」とは別の、楽天カードでお金を借りる、言うなれば借金限度額です。

 

審査もショッピング枠とは別の部署でされるらしいのです。

 

ブラック属性の方に限らず、この項目を0円(なし)にしておくことで、速やかに楽天カードを発行してくれる可能性が高まるんです。

 

 

○クレジットカードのブランドに注意する

 

もしも過去にクレジットカード利用料金を延滞した経験をお持ちなら、その時のカードブランド以外のブランドカードを選ぶようにします。

 

例えば、過去に○○カード(VISA)で延滞履歴があるなら今回申し込む楽天カードブランドはMasterCardを選択するといったように。

 

 

クレジットカード審査落ちする方はこんな人

 

楽天カードは審査が緩めといっても、審査落ちする人はやっぱり審査落ちします。

 

  • 現在借金がある人
  • 6ヶ月以内に他のクレジットカード審査に落ちた人

 

例えばこういった方は、楽天カードだけにに限らず、クレジットカードの審査落ちする可能性が大きいです。というより、ほぼ通らないです。

 

ブラックの方は、まずは借金を完済する。
そして6ヶ月後に改めて楽天カードを申し込むようにして下さいね。

 

→ クレヒスもちゃんとつく楽天カード申込画面へ

なんとクレジットカードの内容次第では…。

 

少し前までは新規申し込みでも即日発行可能なとても役立つクレジットカードにも、万一のための海外旅行保険を備えているものが何社でも揃っていたけれど、昔と違って今は、そんなものはほぼ完全に見なくなりました。
皆さん知っている通りクレジットカードの新規発行には、かなり時間を要することが明らかで、結構早いとされているカードでも5〜7日間くらいは待つ必要がありますが、最近では即日発行で対応してくれるクレジットカードも、探していただくときっと見つけることができると思います。
クレジットカードの種類が違うと、誕生日・誕生月にカードを使っていただくとか、それぞれの提携店で使っていただきますと、お得なボーナスポイントがあったり、カード払いしていただきました金額累計によって、ポイントを還元する率は上昇するものなのです。
いろんな種類のクレジットカードを詳細に比較し、評価順に一目瞭然のランキングで解説します。年会費完全フリーで、獲得できるポイントの還元率が高率となっているカードとか、困った時のための海外旅行保険をしっかりと付帯しているクレジットカードがなんといっても好評です。
提出したクレジットカードの新規申込用紙の記載内容に、記入漏れなどの抜け落ちがあるとか、うっかり本人が気付いていないうちに払込みに滞納があれば、新たに手続していただいても、審査でダメになるということがあるのが現実です。

なんとクレジットカードの内容次第では、もしもの時に海外旅行保険で貰うことができる保険金の金額があまりにも少ないことが現実にあります。詳しく見てみるとカードによって、海外旅行保険の補償限度額が、それぞれで異なるためこのようになってしまうのです。
日頃から全国のクレジットカードを使っている方の、たくさんのリアルな声を収集して、人気を集めたカード、あるいは様々な投稿がたくさんのクレジットカードを中心に、わかりやすいランキング方式で解説しているのです。
皆さんご存知のセゾンカードは、できるだけ早く新たにクレジットカードを発行してほしい、っていう場合にすごく評判が良くて、カード活用で獲得したポイントの有効期限がありませんので、根気よくカードを利用してポイントを貯めていきたいという希望がある場合にも、最もおすすめのカードです。
仮に、ずいぶん昔でも、自己破産したことがある事情など、それに関する詳細が未だに信用調査会社にある状況では、クレジットカードの即日発行に関しては、とうてい無理だと予想しておくほうが間違いないでしょう。
つまりさまざまなクレジットカードの内容を比較し、探すことがポイントなのです。比較する場合の項目は、受けられるサービス内容、年会費の有無、さらにポイント還元率等がありますのでお忘れなく。

クレジットカード、あれって、種類が膨大で、困惑してしまう場合もむしろ普通です。そうした場合は、ランキング化されたサイトで、Aクラスの成績の実績のあるクレジットカードを選んでいただくというのがいいんじゃないでしょうか。
どこでもクレジットカード会社は、会社ごとのポイントの仕組みを提供しているのです。それらによって還元されたポイントの額の合計については、驚きの1兆円超という市場の大きさなのです。
条件が「利用付帯」もしくは「自動付帯」のどちらか、という争点は、今いろいろなクレジットカードに最初からついている海外旅行保険というのが、そもそも利用者のクレジットカード払いが増えることを目的とした、言ってみれば「付録」ということなので、文句を言っても仕方ないですね。
皆さん知っている楽天カードは、巨大な楽天のサービスを利用することで、数多くのサービスを受けられる、必ず持ちたい楽天利用者のためのクレジットカード!楽天のサービスを頻繁に使ってらっしゃる方に特にもってこいです。
余計なクレジットカードによる年会費を、なんとなく振り込んでいるなんてことはありませんか?有利なポイント付きのクレジット機能をしっかりと比較して、なんとかあなたに合うクレジットカードをチョイスしてほしいのです。